el Noir Laboratory 『Sand Castle』 忍者ブログ
管理人Tak.があれこれと好きなことを実験してみるところです。ご興味を持たれた方はどうぞごゆるりと…。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


久々の新曲投下w

新曲って言ってもモノ自体は2年近く前からあったんですが。。

当初は次回のCDに収録しようという思いがあったのですが、
いろいろと考えた結果、別で公開してみようかと。
(CDのコンセプトとはちょっと合わないので…なんて理由も。。)

今回も作詞はlunaさん。
相変わらずファンタジーな世界観が炸裂してますw

で、実はこの曲、何曲かで一つのストーリーになるような
一連の物語の一部でして。

その一発目なわけです。

歌ってるのはミクですが、Lunaさん的イメージでの主人公は
黄色い二人だそうでw
でもそっち持ってないから。。
緑の子の方で許してw


ま、それはさておき(汗)
ぜひお試しあれ。



Sand Castle powered by ピアプロ

『Sand Castle』

破壊と再生 繰り返し続けている 砂上の永久機関
果て無き輪廻は 永遠の未来を映し出す鏡か

僕が見つけた この世の総て
君に見せられなかった世界


きっとまた逢える 千年の刻を越えた遥か先で


気付いた時から 二人一緒で 他に頼る者も無くて
二人寄り添って 遠くの空をずっと見つめ続けるだけ


荒れ果てた街 虚ろに彷徨う
此処に居る意味 生きる理由さえ

知るはずもない 歪んだ事実
閉ざされた世界 唯二人だけ
砂の城に


少年は知ることを望んだ 
たとえその先が絶望でも

少女は唯 平穏を望んだ
たとえその先に緩やかなる死が
待つだけであろうと


二人違う道 選ぶことに
もう迷いなんて無かったよ
今の世界から 未来を変えたいんだ


祈るだけの日々に
さよならを告げ 今少年は
遥か旅立つ 決意を胸に


少女は待つことを選び ただ無事を祈る
どれだけの時が流れようとも 

少年が戻る日を夢見て…

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Tak.
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
メインの活動はCUBIC CORDでの音担当。
ここでは好き勝手に遊んでますw
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]